釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

仕掛け

メタルマルのブレードを自作

よく釣れるメタルマル

オフショアでも比較的浅い場所では良く使います。

真鯛、根魚、青物とほんまに良く釣れるw

なんでこんなに釣れるんだ?

よく観察してみると・・・メタルマルが釣れるんじゃなくて、このブレードセッティングが釣れる要因です!

 

そこでこのブレードを小さめのジグに付けてみたら・・・やっぱり釣れましたw

 

よく釣れるのはいいのですがメタルマルのフックとスプリットリングが細くて不安になり、強度を上げる為に自作してみました。

まず揃える物は
DSC_0041

スプリットリング ♯1~3(サイズは好みでOK)

スイベル(餌釣り用のサルカンでOK)

カン付きフック(オーナー SJ-41 1/0)※サイズは1か1/0がオススメ

ブレード(コロラドブレード

 

上記の小物を揃える時は、破断強度を目安にして揃えるといいですよ。

オレは青物も想定して大体20~30lbを目安に揃えてます。

 

スプリットリングは徳用を使うと、直ぐに伸びますので高品質の物を使いましょう!

スイベルは高品質の高価な物じゃなくても、サルカンで綺麗に回ります。

カン付きフックだったらなんでもOK!

ブレードもコロラドに拘らなくても、インディアナでもOK!

 

作るのが面倒な人はアッセンブリーで売ってます↓

ブリーデン ブレードチューン

 

これら小物4点を繋ぎ合わせると↓
DSC_0042

簡単に出来上がりですw

※プライヤーはスミスが使いやすいので断然オススメ!

 

メタルマルに取り付けると
DSC_0043

こんな感じです。

 

純正と比べてみると
DSC_0054

ちょっとフックが長いかな?くらいでほとんど変わりません。

 

安上がりかどうかは計算していないので分かりませんが・・・

強度に不安を覚えたなら、自作してみるのも有りだと思います。

針結び器で孫針を作る方法

ノマセ仕掛けは市販の物を使わず、自作している半蔵です。

簡単に作れるし、安上がり!

 

用意する道具は

e52e67b2.jpg

ライン(お好み)

針(お好み)

回転ビーズ(使用ラインに合った物)

フックサルカン(お好み)

自動針結び器(合ったら便利)

針結び器はスリムの方が使い易かったです。

 

自動針結び器を使って孫針仕掛けを作ります。

 

まずは

013b8302.jpg

1本目の針を編む時に、ラインを25cmほど余分に長く取ってセットします。

 

ラインが長いまま

6b6a8acc.jpg

連続して編むとラインが絡むので、1回転づつで止めて外に出てきてないラインを手で出してやります。

これを5~6回繰り返して、1本目の針編み終了!

 

2本目の孫針をセットして

937b9b96.jpg

 

ラインのセッティングは

ab2fd698.jpg

1本目の針を画像のように根元にセッティングして、ラインを通常通りセッティングします。

 

1本目の時にラインを余分取ってあるので、2本目を編む時は普通に編めます。

 

これで完成!!

e854c8a4.jpg

親針と孫針の間隔は11~12cmってところなので、丁度いいんですよねw

 

針さへ出来れば後は簡単!

道糸に回転ビーズを入れて、ビーズの上下に八の字結びでコブを作ればOK!

f492f728.jpg

そのビーズに針のラインを入れて、八の字結びしたら抜けません。

画像のようにクロスするビーズなので便利です。

 

この方法が簡単なので短時間で作れるし、使う道具も少ないので便利です。

 

ただ理想を言うと

画像の赤○部分を回転ビーズではなく、三又サルカンに変えてサルカン⇔錘のラインに細い号数を入れるのが理想です。

そうすれば捨て錘の役目を果たすので、大事な場面でもバラシを少なくしてくれるはずです。

 

一手間かけるだけなのですが、オレは面倒臭がってしません。

故に何度仕掛けをロストしたことか・・・

 

※捨て錘とは根掛りした時、根掛りと魚が釣れた時が同時だった時、錘ラインの強度をわざと弱くする事によりラインが切れて、仕掛けの回収&魚の回収確率を上げる為の仕掛けです。


オリジナルサビキ

最近は数釣りの為にサビキ釣りばかりしてます。

サビキはケイムラ仕様が良く釣れる気がして、好んで使っているのですが、市販の仕掛けは強度が弱い・・・

 

ハリスが細かったり、針が弱かったり・・・

この前の釣りでバラシを連発したのは市販のサビキでした。

大サバが釣れると、エダスが切れたり、針が伸ばされたりするので困ります。

 

そこでいいサビキがあるんですよw

5e3ff551.jpg

それは、行きつけの釣具屋さんのオリジナルサビキです!

 

ハリスがフロロ5号!

強度としては約9kgw

地元のおっちゃん達がサビキで青物も釣りたい!と無茶な要望を聞いて作ったサビキのようです。

 

糸の強度はあっても、エダスの結び目で切れてしまうでしょうけどね・・・

 

針も強度があり、大サバでも伸びる事はあまり無いです。

 

そして仕入れの値上がりで、価格を維持するのに針数が6本から5本に変更!

 

5本が意外といいんですよw

オフショアだと針数が多いと絡む原因にもなるので、5本がなかなかいい数ですね。

 

オフショアでの使い勝手の良さは市販サビキよりも、このオリジナルサビキの方に軍配は上がりますね。


ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した狩り日記
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ