釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

ルアー

MJリグってなんぞや

魚が釣れないと、あれやこれやと色々な物に手を出したくなる半蔵です。

 

お気に入りブログの方の記事でよく紹介されている、MJリグなるものに手を出してみる事にしましたw

 

このMJリグにワームを取り付けて使うようなのですが、そもそもMJリグってなんぞや?

 

MJはマルチジョイントの略のようです。

リグは仕掛けの総称

 

纏めると「(どんなワームも)マルチに使える仕掛け」って感じですかね。

 

このMJリグの利点は沢山あるようなのですが、オレが唯一注目したのは“錘を自由に変更出来る”点です!

 

通常のワーム仕掛けはジグヘッドへ取り付けるのが一般的で、ジグヘッドの重さを色々揃えないといけないから面倒なんですよね。

 

でもMJリグだと普通のナス錘なんかも使用出来るので、錘の使い回しが出来るのが最大の利点ですね!

 

このMJリグはショアキャスティングで十二分の釣果を上げている仕掛けのようで、ショアで釣れるならオフショアでも釣れるはず!w

 

まぁ~御託はこれくらいにしてっとw

肝心の物の紹介ですね。

 

MJリグ本体

3b9b82f9.jpg

本体11ヶとおまけのスナップがついてます。

 

MJリグに推薦のフック

a95818d0.jpg

10本入り

 

ワームはご自由に

8688bad2.jpg

エコギアのパワーシャッド

 

この3点が基本セットです。

なんか複雑な形をした本体なので、私のような初心者には取っ付き難いですが・・・

魚を釣る為なら何事にもチャレンジですw

 

取り付け手順は↓

d042ac65.jpg

まずは本体にフックを取り付ける。

 

dfccae7c.jpg

ワームの頭を画像の角度で差し込み・・・

 

c43bc5ad.jpg

そのままグググっとワームを下へ押し込むと完成です。

※赤○部分のツメはどうすればいいんだ?

分からないので、頭方向へ折り曲げてみました。でも結構硬いので、これがロック機構になっているのなら、取り外しには苦労しますね。

 

21a7ed09.jpg

フックの差込位置を確認します。

丁度赤○部分へ差し込むといいようです。

 

a4a38a21.jpg

ワームはフニャフニャと動くので、フックの差込は簡単w

 

7f766c1f.jpg

MJリグのヘッド部分にあるクボミにスナップ(スナップ系なら何でもいい)を取り付ければ、錘を簡単に交換出来ます。

 

6453a736.jpg

錘をつけて

 

62531575.jpg

ロッドに装着すれば完成!!

取り付けは簡単でした。

完成画像のようにスナップを使わなくても、錘を直接取り付ける事も出来ます。

根掛り要素はなるべく排除したかったので、この形にしました。

 

これをオフショアで使ってきます!!

さーどうなるかな?


ジグ収納BOX

ジグの持ち運びが面倒なので、船へジグを置きっ放しにしてます。

今までは持ち運ぶのに便利なように、ジグを小分けして小さなBOXへ収納していたんですが、置きっ放しなので小分けをする必要も無い!!

 

そこで全部のジグを収納出来そうなBOXを買いました↓

8f7dbe9f.jpg

メイホウ VERSUS VS-3070

ツールBOXでは信頼の置けるメイホウ製です。

しかもこのサイズにして3,000円以下という低価格!!

 

中身は

d6c5290f.jpg

上段と

 

3b2eb036.jpg

下段に分かれます。

 

上段は仕切りが細かく設定出来ます。

下段の仕切りは大まかな感じです。

 

オレは上段にはジグを収納して、下段には餌仕掛け関係を入れました。

36423798.jpg

大容量BOXなので、手持ちのジグは全部収納出来たんですが、蓋が閉まるかどうかのギリギリでしたね・・・

あとBOXがクッソ重い!!w

 

アマゾンで売れている釣具↓

ジギングロッド / キャスティングロッド / エギングロッド

スピニング / ベイトリール

ソフトルアー / ハードルアー


フックシャープナー

ジギングのアシストフックって、魚を数匹掛けただけで針先が鈍くなっちゃいますよね。

魚をフッキング出来たらまだしも、根掛りでフックが死ぬ事も・・・

 

その都度フックを変えたらいいだけなんだけど、自作する手間を考えるとフックは出来るだけ長く使いたい!

 

そこでやっとこれを買いました!

dbf488e4.jpg

スミス DDシャープナー

フックのヤスリです。

 

細目と中目のダイヤモンド粒子を張り合わせたヤスリみたいです。

手で触った感じでは、丁寧な研ぎが出来そうな繊細なヤスリ感。

 

一緒に写ってる棒はフック先端の曲がりを修正する筒のようです。

 

これで針先が甘くなってきても、研げばある程度は復活するかな?

魚が釣れないのに、根で針先が鈍ってくるだけの日はこれでフックを長持ちさせたいと思いますw


アシストフックの自作

天気が悪くて釣りに行けないフラストレーションを何処にぶつけてやろうか!?

ここか!そこか!・・・そーだ!

久々にアシストフックでも作ってみるかw

 

まずは

86205063.jpg

フック固定用のバイス(針を固定出来るから楽に作業出来ます)
ザイロンノット30号(芯有り)
金龍鈎 ジギング専用アシストフック ニックプロ NIQ PRO

を用意します。

フックはお好みでw

オーナー針のジガーも使ってみたけど、あれ刺さりはいいけど軸も針先も弱い・・・

 

ザイロンノットを

ca8ad140.jpg

お好みの長さでカット。

フックリーダーの長さは半分になりますので、それを踏まえてカットします。

オレは5~6cmでカットしてます。

 

カットしたら

5ed5df86.jpg

芯を抜いて

 

空洞になったザイロンノットに

254b3e0d.jpg

ニードルを突っ込みます。

ザイロンノットを半分に折り曲げたところを・・・ニードルで突き破りますw

写真のようにリングを通して・・・

※ニードルは小と中を使ってみましたが、小の方が扱い易かったですね。

 

3e3bfd1e.jpg

ザイロンノットの先端をニードルで挟み・・・

 

4d0b59af.jpg

引っこ抜くと・・・販売しているお馴染みの形になります。

 

これを

43e1f3e4.jpg

2本作るとダブルアシストフックのリーダーが出来上がり!

 

このリーダーに

ed3390b0.jpg

位置を気にしながらフックをブッ刺します。

 

刺したフックを

bad74946.jpg

バイスで挟んで固定

 

82838f93.jpg

フックの根元をセキノッターでセキ糸を軽く巻きつけます。

滑り止めの為にしてますが、しなくてもいいかもしれません。

お好みでw

 

いよいよ次は

62413ab2.jpg

ザイロンとフックを固定する為に、セキ糸でグルグル巻きにします。

巻き終えたらセキ糸を縛るんですが、オレは面倒なのでこのまま接着剤を塗って縛らずに固定w

接着剤はハケがついてるロックタイト 強力瞬間接着剤 ブラシ付き 多用途 5g LBR-005が便利です!

 

最後に

8a9c081c.jpg

熱圧縮チューブを通して、ライターで炙ったら完成!

 

なれるまでは面倒な作業ですが、慣れてしまえばどーって事ないですw

それに自分なりに時短の工夫をしてみるのもいいと思います。


簡単にジグを夜光仕様に出来る方法を模索

ジグをスプレーで簡単に夜光仕様にする事は出来た!

けど、更に手間無く簡単に夜光仕様にする方法はないものか・・・

 

更なる情報を求めてネットを徘徊していると、ありましたw

やっぱ釣り人は凄いですね!

魚を釣るために、常に模索し常に挑戦し続けるその姿勢に脱帽です。

 

早速真似をしてみましたw

用意するものは

アクセル(ACCEL) ポイントコート

 

蓄光顔料粉末 50g

 

ポイントコートへ畜光顔料粉末を1/3程入れたら完成!

素晴らしい程に簡単で明快!

 

これをジグへ塗ります↓

c711f6f3.jpg

垂れ難いので、塗りやすいですねw

乾燥も速い!

ただ粉末を均等に塗るのは至難の技です!

上の画像では一見均等に粉末が塗れているように見えますが、その実↓

803a9cc0.jpg

こんな感じで夜光粉末が散らばってます。

まぁ~これでも釣れるんだろうけどねw

 

室内で手軽に夜光仕様にしたいなら、この方法はいいかもしれないですねw


ジグを夜光仕様にするならこれだな

前回の記事で下地を専用のものに変えて、夜光スプレーをしたら綺麗に食い付きました。

そして問題のウレタンドブ漬けですが


気泡が出る事もなく、塗料が溶ける事もなく、綺麗に仕上がりました!

ジグを夜光スプレーで塗装するなら、やっぱ専用のものを使用するのがええねw
・下地はアサヒペンの蛍光・夜光塗料用下塗りスプレー ホワイト
・夜光スプレーはアサヒペン 夜光塗料スプレー 
・ウレタンコーティングはアクセル ウレタンコートMJ
を使用しました。

ジグのリペアにも使えるのでお勧めですよw


夜光スプレーの下地にはやっぱり

前回は夜光スプレーの下地にミッチャクロンを使用しましたが、ミッチャクロンは透明なので夜光向きではないですね。

下地に白を入れないと、発光が若干弱いです。

やっぱ餅は餅屋か?
って事でアサヒペンの蛍光・夜光塗料用下塗りスプレー ホワイトを買いました↓


さっそく下塗り~w

ぉお!
粒子が粗いwww

ジグ(鉛)にもガッツリ付着します!
が!粒子が粗過ぎて、裏面にまで付着しました~orz

オレはアールの方はホログラム、平らな面は夜光塗装って具合にしてました。
先にホログラムを貼ってから下地スプレーをしたので、アール面にもガッツリ下地塗料が付着しましたorz

これを教訓に、この下塗りスプレーを使うなら、ホログラムを貼る前に塗装した方がいいですよ~
またはホログラムを守る為にマスキングをしっかりしておくか。

肝心の夜光スプレーの食い付きですが・・・
抜群にいいですねw
発光具合も下地が白なので、綺麗に光ります。

やっぱ餅は餅屋か・・・

次回はウレタンへドブ漬けしてみます。


ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した狩り日記
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ