船に置きっ放しにしてあるプライヤー(スノーピーク ステンボーンプライヤー 160)を、先日の釣行時に針外しとして使おうと思ったら・・・

錆びて、クッソ硬い!!
ぬぉぉぉおおお!!っと気合で開閉させたけど、使い難いったらありゃしない。

1,000円くらいのプライヤーなら捨てるかもしれませんが、結構高いプライヤーなので自宅へ持ち帰りメンテです。

持ち帰ってきた状態↓
DSC_0001
番部分が錆び付いて開閉が硬い!

錆びはサンポールに浸すと落ちるようなので、ドラッグストアへサンポールを買いに行くと・・・
置いてな~い・・・orz

サンポール→酸ポール
だよね?

だったら酸が入ってる成分のトイレ洗剤を探して購入↓
DSC_0002
トイレのルック
プラ容器も用意して、ルックを注ぎます。

何時間漬け込んだだろう?
パッと見はあんまり錆が落ちてないように見えます。

4~5時間放置してからルックを水で洗い流し、中性洗剤で洗浄しました。
DSC_0003
どうですか?
錆が落ちてるように見えますか???

肉眼ではあんまり変わらないように見えました・・・が!!
開閉はめっちゃ軽くなってます!!!

サクサク開閉出来ますねwww
ここからエアーで水を飛ばしてから、番部分に呉556を吹き付けます。

それから・・・めちゃくちゃ開閉を繰り返しすと↓
DSC_0004
番部分から錆び汚れが滲み出てきます。
錆が出なくなるまでこれを何度か繰り返します。
・・・疲れました。

目に見える錆びは、マイナスドライバー等で擦れば簡単に取れました。
大事な部分は番部分なので、ここは念入りにメンテです。

これにて、何の問題も無く軽~く開閉出来るようになりました。

これからはメンテが面倒なので、このプライヤーはバッグに入れて持ち歩こうと思います。