朝晩が寒くなりましたね~
最近魚をよ~釣らへんから、釣りに行く気が起きないorz
でも、釣りたい!
から行ってきましたw
DSC_0038
6時に出船して目指す沖のポイント付近はどんより・・・
うねりもまぁまぁある・・・

この日は確実に魚を釣る為に、胴付きオキアミです。
潮がぶっ飛びですね・・・
60号の錘じゃないと厳しいです。

そして底をマメに取ると↓
DSC_0040
エソにヒメジに・・・外道達が群れてます・・・

外道と戦いながら、船を流していると魚探に反応が!!
上層から中層にベイト反応です。

直ぐに反応のある棚に落としてみると・・・速攻アタリが!
魚探さまさまですなw

巻き巻き・・・ベイトの正体はなんだろ?
ん???
DSC_0041
アジ・・・??
見慣れたアジとは違うな・・・
※帰宅後図鑑で調べてみると、ムロアジと判明。

このアジの移動が早くて、数を伸ばす事が出来ずに2匹で終了!!
アンカー落として、カゴ&アミエビだったら数が伸ばせたんだろうけど・・・水深50~60mへアンカーを落とす事を考えるだけで辟易します。

写真のタマガシラを一匹追加して、外道の猛攻でオキアミも無くなったし、2時間の釣行で終了です!

前記事で書いた魚探の振動子ですが↓
DSC_0031
ある程度不凍液(ラジエータ水)を入れてから蓋をして、あらかじめ開けておいた穴から不凍液を入れて中を満たします。
液を入れたら穴にネジを入れて完成!

さぁ~結果は↓
DSC_0035
写りました。
※画像は30km/hで走行した時のものです。
ただスピードが30km/h以上になると、反応しなくなります。
反応が良好な速度は20~25km/hくらいですね。

もっといい魚探だとある程度のスピードでも写るのかもしれませんが、とりあえず現状はこれで満足ですね。