釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

2019年10月

2019/10/16 釣行(エギング)

ウェイトを付けたロッドを持って、仕事終わりにナイトエギングへ行ってきました。
DSC_0118
キャップライトも装備して、いざ実釣です!

くっ!キャップライトを点灯していても、見えないものは見えないですね・・・(;´Д`)
夜は視力が悪くなるのも手伝って、ライトをつけていてもラインが見えないです。

昼間でも着底が分かり難いエギが、夜だと更に分かりませんね。

これでイカが釣れたら目視の分が悪いナイトエギングも楽しくなるんでしょうが、まったく釣れません。
なのでただの苦行です。

さて、バランス調整したロッドの使用感ですが、悪くは無いと思います。
感覚は個人差があると思うので、はっきり良し悪しの明言は出来ませんが・・・

今まではアタリを待っているノーアクション時に竿先が下がるので竿先を上げていたのですが、この動作が若干楽になった気がします。

正直、このウェイト調整をしたからと言って劇的にアクションの変化を感じる事はなかったです。

ただ、キャスティングが凄く楽になり良く飛ぶようになったのですが、これも恩恵でしょうか?

それとロッドに錘をつけるので少し重くなるのは当然ですが、許容範囲内でした。

このバランス調整はショアよりも、オフショア時には更に恩恵があるような気がしますね。

オフショアは竿先を下げる事がほとんどなく、大体は潮、風に流されてルアーに引っ張られる事がほとんどなので、リール~竿尻にウェイトの重心があると疲れは多少軽減されると思います。

ナイトエギングは難しいので、しばらくは昼間に行こうと思います。

ロッドのバランス調整

たまたまロッドのバランスを調整しているブログ記事を読み・・・目から鱗でしたw

今までなんとなくですが、ロッドの操作に疲れたり、妙に力んでロッドを握っている事があり違和感はあったんですが、これ(バランス)だ!と思いましたねw
※実釣はまだなので、後日使用感とバランス調整は正解だったかを報告します。

DSC_0112
用意するのは
第一精工の徳用チューニングシンカー2mm
共和ミリオン熱収縮 ラバーグリップ・スーパー


自分がロッド操作時に“何処を支点”にしているかを基準にして、そこに指で支点を作り、ヤジロベイの要領でどちらに傾いているかを確認します。

ほとんどのロッドはティップ(竿先)の方へ傾くと思います。

ことジギング、エギングにおいては、常にロッドアクションを行っていると思うので、ロッドのバランスが竿先にあると疲れるのは当たり前なんですよね・・・
そこで持ち手の位置に重心がくれば・・・楽になるはず!?
※実釣していないので確証はないw

バランス調整方法は簡単です。
ロッドエンド(竿尻)にシンカーを巻き付けていき、持ち手の支点を基本にしてロッドが水平になるようにシンカー(重り)を調整していきます。

ロッドが支点を中心に水平になったら、ラバーグリップをはめて熱収縮!
01
これで完成です!
ラバーグリップの熱収縮は「ドライヤーで」って書いてる記事もありますが、あまり収縮しませんので、ライターやコンロの火で炙るのが手っ取り早いです。
火事、火傷には気を付けて下さいね!

このロッドで今度エギング修行へ行ってきます!
実釣感想はまた後ほどノシ

電池式のキャップライト

この時期に仕事終わりでショア釣りへ行くなら必須になるのがライト!
ヘッドライトでも良いんだけど、どうしてもゴムベルトが伸びてしまったり、綿部分が汚れて不衛生になったりするので、オレは帽子に取り付けられるライトが好きです。

最近はエギング修行に行くようにしているので、キャップライトを買いました!
01
LEDキャップライト YF-245
電動糸巻き機で有名?なハピソン製です。
ハピソン製の電動糸巻き機を使っていますが、何年も壊れずに使用しているので勝手に品質を信用してますw

02
サイズは小型ライターと同程度とかなり小さいです。

DSC_0110
電池は単4を1本使用。
点灯時間は
白点灯:約1.5時間、赤点灯:約50時間(パナソニックアルカリ乾電池使用時)
と短いので、充電池を使用して、予備に2~3本忍ばせて行くのがいいかもしれませんね。
角度も変更出来ます。

今回購入したキャップライトも然りですが、アウトドアで使うライトが軒並みUSB充電式に変わってきています。
充電式は手軽だと思いがちですが、常に充電残量を意識していないといけません。

アウトドアだけではなく、災害などで“いざ”って時に充電が無い!→停電してる!では話しになりません。

それに充電式用品は内蔵されている充電池の寿命を確認出来る物がほとんど無いんじゃないかな?
充電可能回数は500回ですって説明されてても、それをカウントしてないし、確認出来ないし、不具合があるかもしれない・・・

夜釣りもキャンプも災害時も、手軽に電源を確保&保管出来る電池式は便利だと考えているので、今回も電池式のキャップライトを買いました。
でもキャップライトの電池式は少ないので希少です。

2019/10/06 釣行(ショア)

日曜日は午前中に色々と用事を済ませて、昼からエギング修行に行ってきました。
この日は晴天で暑く、且つ強風!!
エギング修行には最悪です('A`|||)
DSC_0105
イカが釣れると聞いていた場所へ行きましたが、イカ墨の跡は無く・・・
色んなポイントへ投げてみましたが、風の影響でエギの状況がさっぱり分からんw

一通り投げてから、場所移動です。
DSC_0106
ここも一昔前はエギンガーが多く、イカ墨の跡も良くありましたが・・・
今はサッパリですね。

とにかく漁港内をランガンです。
結構歩きましたね~
テトラから磯へも投げてみました。
雰囲気はあるんですけどねぇ~

1時間くらいはランガンしましたが・・・まったくアタリ無しであります(`・ω・´)>
未熟者のオレにはイカがうようよ居る所じゃないと釣れないんじゃないか!?

まだまだ修行中の身ですが、心折れそうです('A`|||)

2019/10/05 釣行(ショア)

イカを食べたい!のでエギング修行に行ってきました。
早めに仕事が終った17時過ぎ
DSC_0104
まだまだ明るく、ティップは問題なく見えます。

ただ、秋の週末と言う事もあり、堤防には釣り人が沢山居ました!
街灯下は既に人が居たので、空いてる場所で暗くなるまで修行です。

少しだけ風はあるものの、釣りにならないくらいの強風ではなかったですが・・・
エギの着底は分かり難いですねorz

エギの重さはあるけど、浮力がありゆっくり落ちるので、着底まで時間がかかるし、ふわっと落ちるので着底を判断するにはまだまだ経験が足りないです。

何度もキャストして、経験を蓄積しようと頑張ってみましたが・・・アタリ無し!
付いて来るイカも無しであります( -д-)ノ

水面から高さがある場所なので、糸ふけが出てしまい、アタリはおろかシャクリもスカってしまう!
エギングって難しいのね(ノД`;)

あまりの難易度の高さに、途中で心折れてメタルマル28gを投げて遊ぶ事にw
あぁ~ジギングって何て分かり易いんだw
3回投げて一度だけアタリが出ました!
あぁ~ジギングって何て楽しいんだw

でも楽な方に逃げては駄目だ!
オレはイカが食べたいんだ!www

って事で再度エギングを開始しました。

18時過ぎ、暗くなる前に納竿。
イカはおろか、アタリすら無く?アタリが分からなかっただけかも?しれませんが、この日の修行は終了です。

イカが釣れるまで、とにかくエギングの経験値を積むしか無さそうですね。

ティップを蛍光塗装

エギング用に購入したロッドのシマノ セフィア BB S83MLはティップが灰色でガイドも黒なので、目視でのアタリが分かり難い。

そこで、ティップのガイド部分を蛍光塗装してみる事にしました。
DSC_0098
ガイドを固定している部分を塗装したいので、それ以外をマスキングします。


DSC_0099
このまま塗装しても付着せずに剥がれてしまうと思うので、下地にミッチャクロンを吹きつけます。
ミッチャクロンが乾燥したら蛍光塗装。
発色を気にして2度塗りしてみました。
塗料が乾いてからコーティングする為にウレタンを塗りました。
相変わらず塗装が溶けて浮いてきますね。
なので、ウレタンはあまりベタベタに塗らず、サッと塗布するくらいでいいかな。


DSC_0100
ガイドの根元が蛍光色になりました~
アタリを目視でわかり易くする為の塗装なので、クオリティーは二の次ですw

2019/09/30 釣行(ショア)

仕事終わりに人生初のエギングへ行ってみました。
街灯近くのポイントへ行ってみたのですが
DSC_0095
当然のようにティップが見えない・・・
横にはエギンガーの方が1人居てシャクシャクしてましたが・・・見えてるのかな?

ティップが見えないって事は、当然エギもラインの色も見えず、イカ釣りに来ているはずなのに、この状況だと暗闇との戦いになってしまいますね。

何度かキャストしてロッドの感触を確かめてみました。
エギは3号(約15g)
キャストは問題なく飛ばせます。
ただティップが予想よりも硬くて、3号のエギではティップは真っ直ぐなままで、3号エギの負荷では曲がりませんでした。

ティップランの経験があるので、ティップは少し曲がるくらいがアタリが取り易くて好きなのですが、エギングはこんなにピンピンなものなのかな?
それとも安物のロッドだから硬いのか?
ロッドのエギ適応号数を一つ落とすべきだったのかな?
メタルマルには丁度良さそうだなw
とか色々と暗闇の中で考えてました。

夜は視力が落ちてあまり見えないので、10分程で納竿しました。
夜のエギングはもっと街灯が明るいところじゃないとオレには厳しいですね。
ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


ツイッターアカウント:HANZO_SUN

当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した日記2
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ