釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

炎月 リール

ジギングに疲れた時には、何も考えずにぼぉ~っとリールを巻き巻きするだけでいいタイラバをする事があるんですが・・・

直ぐに飽きるんです。
アクションをつけないルアーって・・・飽き易いんですよね。

そんな感じなので、タイラバ専用のタックルは持っていなかったんですが、前回のフラストレーションでしょうね・・・
ふと、タイラバ専用タックルが欲しくなってきましたw

そこでどんなリールがあるのかシマノで調べてみました。
タイラバと言えば炎月シリーズですね!

気になったのは下記の3点ですね。
炎月 100HG 2万前後
炎月CT 100HG 2万前後
炎月プレミアム 150HG 3万ちょっと
※上記リンクはAmazonへ飛びます。

この3点を選出した理由はエキサイティングドラグサウンド搭載って事ですね!
ドラグ音があった方が楽しいw

さぁ~
この3点の違いをオフィシャルで確認すると
炎月 100HG 液晶無しだけど、HAGANEやマイクロモジュールなど豪華な機能を搭載
炎月CT 100HG 液晶有りで水深表示、巻き速度、メトロノーム機能有り、だけど豪華な機能は無し
炎月プレミアム 150HG 上記2つの良い所を合わせたような最高機種でフォール速度表示を搭載! でも高い!
※上記リンクはオフィシャルへ飛びます。

お金があるなら炎月プレミアム一強ですかね~
でも、デザインが安っぽくてダサいんだよなぁ・・・
フォールレバーもあるけど・・・メカニカルブレーキにレバーが付いただけなので、まったく必要ない!
という理由でプレミアムは却下。

せっかくタイラバ専用リールを買うなら等速巻きが視覚で確認出来る“巻きスピード表示機能”は欲しい!
と言う理由で炎月CT 100HGを買いました~
DSC_0006
PE1号を200m巻けます。
水深表示と巻き速度表示の切り替えってどうなってるのか気になったので、確認してみました。

説明書を見ると、
・P-1モード 水深表示だけ。巻き上げ速度表示にしたい場合は手動
・P-2モード 水深表示から巻き上げると自動で巻き上げ速度表示に切り替る
巻き上げ速度表示機能が欲しかったので、設定はもちろんP-2へ。

オレにはメトロノーム機能は必要ないのでOFF設定。
これで設定はOK!

サイズも小さく軽量なので、グリップ感はいいですね。


液晶表示が必要無い人は絶対に炎月がオススメです!
この価格でマイクロモジュールやHAGANE搭載なので、巻き心地や剛性は格段に上ですね。

炎月と炎月CTは価格帯が同じなので、液晶を取るか、巻き心地を取るかで決めればいいと思います。


最後に経験上でのタイラバ談を一つ
等速巻きが鉄則のタイラバですが、別に等速巻きじゃなくても釣れます。
回収中に不意の速度変化時に喰ってきたり
インチクヘッドにタイラバつけてストップ&ゴーやシャクリでも釣れます。
リフト&フォールでも食います。
タイラバ自体が優秀な疑似餌なので、頑なに等速に拘らなくてもいいと思います。

じゃーなんで液晶タイプを買ったんだ!?ってなりますよねw
理由は無いです。ちょっと専用リールを持ってみたかっただけですw

------追記------
実際に使ってみました。

水深100m、錘150gを使用。

HG、且つダブルハンドルなので予想してはいましたが、巻きが重いです。
巻き速度表示がついていますが、リーディングが重いので安定した一定速度で巻き続けるのが難しかったです。

重い錘で等速巻きを楽に行いたいなら、PGの方が扱い易いかもしれないですね。

このリールで魚は釣ってないので何とも言えませんが・・・
経験上相手が真鯛だったら問題なくリーディング出来ると思いますが、タイラバは不意の青物も釣れますので、ブリサイズの青物が来たら・・・ガチ巻きで獲るのは難しいかもしれません。

真鯛狙い、水深50前後、錘100g程度で使うのに適したリールだと思います。

17 グラップラー 300HG

この前のアングラーズマーケットでは、海系の道具が少なくて欲しい物が見当たらず・・・
こんなに釣具があるのに!欲しいものがま~ったく無いぞ!!って言うフラストレーションだけが溜まりました。

この形容しがたい気持ちを何処にぶつけてやろうか!!
この日の為に軍資金を7万程貯めていたので、いいリールを買って発散してやろーか!w

とりあえず欲しいリールは活き餌に使うベイトリール。
ソルティガBJ 200が欲しいけど、餌釣り程度で使うにはもったいない程にいいリールだしなぁ

溜まったフラストレーションに身を委ねてポチってしまいたい衝動を抑えて、冷静に考えてみた。
お金はあっても困らないし、前から狙っていたリールを買う事にしました↓
DSC_0001
17 グラップラー 300HG

樹脂系ボディーなので安っぽく見えますが・・・実際安い(23,000円程度)ですw
でも値段の割りに高性能なんですよね!

HAGANEやマイクロモジュール等々、豪華な仕様ですが
何よりもエキサイティングドラグサウンド搭載が購入の決め手ですねw

実物を手に取り分かった事があります。
結構重い!!
ジガーコンクエストやソルティガBJと同程度の重量ですね。

これで活き餌釣りがもっと楽しくなりそうですw

------追記------
実釣してみました。
DSC_0004
初使用日にシュモクザメ(ハンマー)を2匹釣り上げました。

HGなのでパワー不足は感じましたが、巻き上げは然程苦労しませんでした。
仕掛けやシステムの強度に合わせたドラグ設定でやりとりすれば問題ないですね。

ただ、使っていて一つ不満が・・・
メカニカルブレーキの設定が思いのほかシビアです。

錘やジグ重量に合わせて、バックラッシュしない程度にメカニカルブレーキを設定すると思うのですが、一目盛(音が一回鳴る)でも結構差があり丁度いいブレーキングに設定するのが難しい。

なので、バックラッシュ防止の為にちょっと強めに締めて使いました。
沈下速度は遅いですが、バックラッシュするよりはマシです。

他は良好なリールです。

アングラーズマーケット 2018 行ってきた

アングラーズマーケット 2018にWキーと行ってきました~
去年と同じく開場の1時間前には到着。

すると・・・
凄い人!!
DSC_0024
去年と同じ時間なのに、倍以上の人が並んでいました!
侮っていましたよ。

この人数があの狭い会場に入りきるの!?
入場制限掛かるかもね~、とWキーと話していましたが、どーやら杞憂に終わりましたw

海仕様のベイトリールを探して、会場を足早に見て回ったんですが・・・
ぜーんぜん有りませんでしたorz

今年のフリマは海用品が少なかったです。
お!っと思うものがあっても、出品しているのがお店の場合が多く、値段はハッキリ言ってネットの方が安いです。

本当に、本当に、何も欲しいものが無かった・・・
相変わらずバス用品は豊富にありましたよw

メーカーやお店の出店が多くて、そういうブースは値段が安くないので、もっと個人の出店が多ければフリマとして楽しいのに。

欲しいものが無さ過ぎてフラストレーションだけ溜まった状態で、ギョサンだけ買って会場を後にしました。

吹上ホール1Fにあるレストランで昼飯を食べてから帰りました。
DSC_0025
美味しかったですw

ベイトリールはネットで買う事にします。

来年に期待ですね。

2018/03/10 釣行(船)

久々に行ってきました~!
DSC_0004
約2ヵ月ぶりかな?
いつもの友達Wキーと2人釣行です。

生餌をもって船に行くと、渡船屋さんから「何やアジか? 何釣りや? ヒラメ釣れとるで行って来い」と激励を頂き、場所を教えてもらいました。

いつものようにチルトダウンさせようとしたら・・・
あれ?ダウンしない・・・
何度試しても船外機が降りないよ??

マジか・・・
なんだなんだ??
船外機を冷静に観察すると、チルトロックが掛かってました!
先日の上架時にグリスアップしたので、ロックが緩くなっていたようです。

ロックを外し問題なくチルトダウン完了!
そして漁港内をゆっくり走行していると「ピーピーピー」と警告音が鳴る。
警告表示を見ると「エンジンチェック」が光ってます。

なんだなんだ??
一度戻って確認しようと船を旋回させると、表示が消えた。

何かあってからでは遅いので、港内を走行させて様子を見ましたが・・・再度表示が付くことはなかったです。
この表示は釣りが終わるまで付くことはなく、いったい何が原因だったのかは不明のまま。

とりあえず船外機を気にしながらポイントへ向かいました。
波はそこまで無かったんですが、風が・・・ね~
この時期はまだまだ風が強いですorz

ヒラメポイントと思われるところを流しながら釣っていたら・・・
この時期にしてはまぁまぁアタリがあり、アワセてみると結構な引き!
そしてバレるっていうね・・・

その後もアタリがあり、上げてくると・・・エソーwww
Wキーもエソーwww
この時期はやっぱりエソですね~
2時間くらい粘ったんですが、釣れるのはエソばかり。
エソポイントを外すとアタリ無しであります!!

これはイカンと大きくポイント移動。
更に強くなる風・・・
3月なのに真冬ばりに寒かったですね。

青物情報があるポイントで流していると、Wキーがジギングを始めました。
餌にアタリの無い時のあるあるです。

するとWキーのジグにヒット!!
同時期にWキーの生餌にもヒット!!
Wキーはジギングで手が離せないので、オレがWキーの生餌をリーディング。
すると、オレの竿にもヒットwww

人手が足りなさ過ぎてもう笑うしかないwww
Wキーのジギング、生餌共に無事ランディングしたころには、オレの竿は無言になってました。
釣りあるあるですw

釣れた魚はシオ(カンパチの子供)でした。
丁度回ってきてたんですね。

また回遊するのを狙って同じポイントで粘ります。
ここでWキーはシオ 1匹追加して、計3匹
オレはアオハタ 1匹 シオ1匹 計2匹
dress_10032018_140409
を釣り上げて、アタリがなくなったのでまた大きく移動しました。

あまりに風が強いので、湾内に移動しましたが・・・
風は防げず・・・船上は修行です。

この日は終始仕掛けがぶっ飛び、ほぼ直線状態だったのでアタリが分かり難い!!
それでも最後に移動した場所でなんとかアタリを拾いフッキング!!

頭を振り、ドラグまで出しやがる!!
これは何だ??
「エソじゃないね、シオなら嬉しいなぁ~w」なんて言いながら上がってきたのは・・・エソ~orz
なんて馬力のあるエソなんだ。
恥ずかしい発言をしてしまったじゃないか!w

上記の釣果以上に追加する事は無く、エソで始まりエソで終わった釣行でした。

とにかく風が厄介で、まだまだ釣り難い時期ですね。

青物の油が苦手な半蔵夫婦ですが、シオはそこまで脂が乗っていないので青物特有の臭みは少なく美味しく食べられましたw

船底塗料が固まってる

先日の上架時に船底塗装をするのに、二年ほど前に使ったうなぎ塗料が半分弱くらい余っていたので、使えるか確認してみると↓
DSC_0001
割り箸が立つくらいの硬さに固まってました・・・
そりゃそーだよね。
もう二年も前に使った塗料だもん。

でも、もったいないなぁ~
なんとかして使える状態まで復活しないかな?

塗料では鉄板のシンナーを入れてみました。
シンナーは塗料の硬化を防いだり、溶かして柔らかくします。

うなぎ専用のシンナーを使ってみました↓
DSC_0002
ニッペ 小型船舶用 船底防汚塗料 うなぎシンナー 1L

硬化した塗料にシンナーを入れて割り箸で混ぜ混ぜしてから、一日放置しました。

その結果は・・・
ぜーんぜん溶けてないwww

ここまで固まってしまった塗料を再利用するのは難しいのかもしれませんね。

硬化予防対策としては、余った塗料にシンナーを適量入れてから保管すれば硬化を遅らせる事は出来ると思います。
ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


ツイッターアカウント:HANZO_SUN

当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した狩り日記
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ