釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

2018/04/29 釣行(船)

GWですね、いかがお過ごしですか?
私は暦通りなので、週末に釣りに行ってきました。
DSC_0002
いつもの友達WキーとWキーの上司の3人で出陣です!

この日は無風!!
ウネリ無し!!
珍しいくらいに静かな海でした。

ポイントに悩みましたが、手堅く根魚を釣っておかずを確保する作戦にしました。
ポイントに着いて3人共に活き餌を投入。

静かな海の沈黙を破ったのは上司さん!
ドラグの付いてないワゴン売りのリールを巻き巻きしていましたが、流石に安物・・・
ハンドルが錆び付いてリーディングがカクカク・・・
何度もバレないか心配してしまう程の粗悪リールでしたが、無事オオモンハタをゲット!

上司さんとは何度か一緒に釣りに行きましたが、釣らせてあげる事が出来なかったので、今回はこれで一安心ですw

次にヒットしたのはWキー!!
上がってきたのは・・・ん!!!
オニカサゴ!!
初めて見ましたw
美味しそうですw
棘に毒があるので、ハサミで切ってから〆ました。
※夜に刺身を持って来てくれたので、食べましたがカサゴと同じく弾力と甘みがあり美味しかったです。

その後は上司さんにアタリが集中!
でも竿のバランスが悪いのか、フッキング出来ず。
餌には噛み跡が残る事が多かったです。

オレの竿はと言うと・・・ず~っと沈黙してますw

アタリが遠のけば細かくポイント移動を繰り返し、移動した先々で上司さん&Wキーが何かしら釣るんですが・・・

オレの竿はと言うと・・・この日の海と同じく静かなもんですw

岸寄りから、徐々に沖側へ移動を繰り返し、何度目かの移動で、や~~~っとオレにもヒット。
ヒットの仕方が回収ヒットって言うね・・・ジグじゃないんだから、もっとアピールしてよ。

上がってきたのは↓
DSC_0003
ミノカサゴ・・・
久しぶりに釣りました。

美味しい魚のようですが、毒針が多いのでそのままリリースです。

この日は同じ場所でヒットが続く事が少なくて、単発でアタリが遠のく事が多かったです。
頻繁に移動を繰り返し、40~100mまで色々と探りましたが、40m前後が安定して釣れました。

上司さん、Wキー共に釣果を上げる中・・・
オレはミノカサゴ一匹だけっていうね・・・orz

お昼も近くなり、最後に大移動したポイントでは明確なアタリも無いのに、活き餌が無くなる事が多くて「???」でしたが、やっとオレにも来ました!!

マハタ!の小さいのw

餌が無くなり昼過ぎに終了です!
dress_29042018_131242
上司さん:オオモンハタ、マトウダイ
Wキー:オニカサゴ、アオハタ、マトウダイ、マハタ
オレ:マハタと楽しい釣行という名のプライスレス!

とりあえず皆が釣れて良かったですw

GW中にあと一回は釣りに行けるかな?

釣り日和だった週末

こちらの週末は晴天で暑いくらいでした。
まさに釣り日和w

もちろん釣りに行く気満々で、前日の夜から釣具を車に積み込んで準備万端!

翌朝はいつもと同じ6時に起床して、洗面所で歯磨きしていると後から
「おとーさん」の声が・・・
なんとチビが元気に起きてきましたorz

この日は娘の部活が試合で、同じく6時に嫁さんが送迎予定だったのですが、これに合わせてチビも起きてきたので、チビを1人に出来ずに釣りには行くに行けず・・・

送迎だけなので嫁さんは直ぐに帰ってくる予定だったのですが・・・
1人釣行予定だったので時間をズラせばいいだけなんですけど・・・

なんかね~ チビの顔見ちゃうと、このまま釣りに行く気が削げてしまい、一緒に布団でウダウダと遊びましたw

晴天だから釣りにも行きたいけど、晴天だからこそ外でチビとも遊びたいですね。

今は、自分の趣味よりも、娘&息子優先の生活が大切だと思いある程度は自重します。
けど・・・GWは釣りに行けるだけ行ってやるwww

2018/04/14 釣行(船)

一ヶ月ちょいぶりの釣行です。
DSC_0005
曇り後雨の予報で雨が心配でしたが、凪で波も穏やかだったので海のコンディションは良かったです。

いつもの友達Wキーと何を狙いに行こうか相談。
結果、やっぱり青物でしょ!!w

前回シオが釣れたポイント周辺で釣り開始!
もう定番になった活き餌です。

一流し目・・・
オレにアタリがあるも針掛りせず。

そのまま何も起こらず、沈黙のまま船は流れる。
Wキーが一言「嫌な予感する」
今回の活き餌はイワシを用意したんですが、アジよりもバイト率が良く魚が居れば何かしらのアクションはあるんです。
でも沈黙のままなので、この発言に繋がった訳です。

これでちょっとポイント移動。
するとWキーにヒット!
DSC_0006
可愛いサイズのオコゼでした。

次にオレがヒット!!
どりゃーーーー!!
鬼フッキングwww

ドラグが!!!
出るーーーーーー!!!
DSC_0008
重量感はたっぷり!
でもね・・・
巻いたら上がってくるんですよ。

ファーストランは青物っぽい、でも途中は抵抗する事無く上がってくる。
こいつは・・・そう!
定番のハンマーでしたorz

このポイントはハンマーが多いんですよね。

その後
・Wキーがジギングでハンマー
・オレの活き餌に再びハンマー
計3匹フッキングしたところで嫌気がさし、大きくポイント移動。

根魚が鉄板の40m前後のポイントへ行こうと思ったけど、途中にある青物ポイントで釣りをする事にしました。

よく青物が釣れるって聞くけど、オレとWキーは釣った事が無いポイントですw
でもなんとなく、そこで勝負してみたくなったんですよね。

水深は100m前後
底潮が早くて仕掛けが浮きます。

しばらく沈黙・・・
やっぱりここのポイントは合わないのかな~

オレは底取りをマメにしていて、Wキーは活き餌放置でジギング。
するとWキーの活き餌にアタリが!!

フッキング成功!!
ファーストランでドラグが出て凄い重量感!!
DSC_0011
Wキー「また鮫ちゃう? これは鮫やで・・・」
諦め気味でスプールを抑えて強引に浮かすやり取りをする。

オレ「ここで前に一回鮫釣ってるもんね・・・、でもさ、鮫にしてはえらいライン出さへん? 鮫やったらこんなにファイトせーへんと思うよ?」

Wキー「いや、鮫っぽいよ。 あ~手が疲れた」

オレ「とりあえずジグとオレの仕掛けを回収するから、ゆっくりファイトしてよw なんか青物っぽいし」

しばらくやりとりを見てましたが・・・ラインをガンガン出してドラグを鳴らす様は、やっぱり青物っぽいんですよね~

オレ「鮫4割 青物6割ってとこじゃない? もし青物やったらアカンで時間掛かってもええで、ゆっくり上げなよw」

巻いては出されを繰り返し、やっとリーダーが見えてきた。
でも光の反射でまったく何か分からない・・・

そろそろ見えるかな?
ん!!!
オレ「鮫ちゃうで! 青や!! 慎重にいこ!」

ランディングに梃子摺ったけど、無事ネットイン!!
dress_14042018_113428
尻尾が見切れていますが、80cm越えのブリ!!
オレが釣った訳ではないけど、嬉しさのあまりWキーとハイタッチしましたよw

2匹目の泥鰌ならぬ鰤を狙って、船を付け直して釣りましたがドラマは起きず。
dress_14042018_113528
オレは貧果に終わりましたorz

いつになったらオレにも青物が釣れるのか・・・

炎月BB B69MH-S

タイラバ用のリールを買ったので、ついでにロッドも買いました。
01
炎月BB B69MH-S

タイラバを45~200gまで背負える、汎用性の高いロッドです。
水深30~100mまで幅広く釣りをするので、MAX200gは有り難いですね。

そして、一番下位クラスのロッドなので・・・安い!!w

リールと合わせて買っても3万台で揃えられます。
PEとかタイラバを買うと、4万は用意しないと厳しいでけどね・・・

ぶっちゃけ、タイラバはそこまでガッツリしないと思ったので、ロッドは200gまで背負える専用ロッドであれば拘りは無かったので安いロッドにしました。

安いですがちゃんとタイラバ設計の竿なのが感心しますねw
このベイトロッドもガイドが“のノ字”に回っています。

どういう事かと言うと、最初は上向きのガイドに糸を通すのですが、ガイドが徐々に下向きに半回転していき、竿先のガイドに糸を通す時には下向きになっています。

ベイトロッドなのに、スピニングみたいに下向きガイドになるんですよ。

ティップはタイラバ用なので柔らかいですが200gまで背負えるので、フニャフニャではなく結構張りはありますね。

また使用したら感想でも追記します。

------追記------
水深100m 錘150gで試してみました。

特に問題なく使用出来ました。

ただ炎月リールの追記でも書きましたが、この竿で150~200gの重い錘を背負う事に問題は無いですが、リールは吟味が必要ですね。

リールは炎月シリーズに拘らず、200gでも安定して楽にリーディング出来るものがオススメです。
シマノならコンクエスト
ダイワならソリティガBJ
のダブルハンドルタイプが良さそうですね。

炎月 リール

ジギングに疲れた時には、何も考えずにぼぉ~っとリールを巻き巻きするだけでいいタイラバをする事があるんですが・・・

直ぐに飽きるんです。
アクションをつけないルアーって・・・飽き易いんですよね。

そんな感じなので、タイラバ専用のタックルは持っていなかったんですが、前回のフラストレーションでしょうね・・・
ふと、タイラバ専用タックルが欲しくなってきましたw

そこでどんなリールがあるのかシマノで調べてみました。
タイラバと言えば炎月シリーズですね!

気になったのは下記の3点ですね。
炎月 100HG 2万前後
炎月CT 100HG 2万前後
炎月プレミアム 150HG 3万ちょっと
※上記リンクはAmazonへ飛びます。

この3点を選出した理由はエキサイティングドラグサウンド搭載って事ですね!
ドラグ音があった方が楽しいw

さぁ~
この3点の違いをオフィシャルで確認すると
炎月 100HG 液晶無しだけど、HAGANEやマイクロモジュールなど豪華な機能を搭載
炎月CT 100HG 液晶有りで水深表示、巻き速度、メトロノーム機能有り、だけど豪華な機能は無し
炎月プレミアム 150HG 上記2つの良い所を合わせたような最高機種でフォール速度表示を搭載! でも高い!
※上記リンクはオフィシャルへ飛びます。

お金があるなら炎月プレミアム一強ですかね~
でも、デザインが安っぽくてダサいんだよなぁ・・・
フォールレバーもあるけど・・・メカニカルブレーキにレバーが付いただけなので、まったく必要ない!
という理由でプレミアムは却下。

せっかくタイラバ専用リールを買うなら等速巻きが視覚で確認出来る“巻きスピード表示機能”は欲しい!
と言う理由で炎月CT 100HGを買いました~
DSC_0006
PE1号を200m巻けます。
水深表示と巻き速度表示の切り替えってどうなってるのか気になったので、確認してみました。

説明書を見ると、
・P-1モード 水深表示だけ。巻き上げ速度表示にしたい場合は手動
・P-2モード 水深表示から巻き上げると自動で巻き上げ速度表示に切り替る
巻き上げ速度表示機能が欲しかったので、設定はもちろんP-2へ。

オレにはメトロノーム機能は必要ないのでOFF設定。
これで設定はOK!

サイズも小さく軽量なので、グリップ感はいいですね。


液晶表示が必要無い人は絶対に炎月がオススメです!
この価格でマイクロモジュールやHAGANE搭載なので、巻き心地や剛性は格段に上ですね。

炎月と炎月CTは価格帯が同じなので、液晶を取るか、巻き心地を取るかで決めればいいと思います。


最後に経験上でのタイラバ談を一つ
等速巻きが鉄則のタイラバですが、別に等速巻きじゃなくても釣れます。
回収中に不意の速度変化時に喰ってきたり
インチクヘッドにタイラバつけてストップ&ゴーやシャクリでも釣れます。
リフト&フォールでも食います。
タイラバ自体が優秀な疑似餌なので、頑なに等速に拘らなくてもいいと思います。

じゃーなんで液晶タイプを買ったんだ!?ってなりますよねw
理由は無いです。ちょっと専用リールを持ってみたかっただけですw

------追記------
実際に使ってみました。

水深100m、錘150gを使用。

HG、且つダブルハンドルなので予想してはいましたが、巻きが重いです。
巻き速度表示がついていますが、リーディングが重いので安定した一定速度で巻き続けるのが難しかったです。

重い錘で等速巻きを楽に行いたいなら、PGの方が扱い易いかもしれないですね。

このリールで魚は釣ってないので何とも言えませんが・・・
経験上相手が真鯛だったら問題なくリーディング出来ると思いますが、タイラバは不意の青物も釣れますので、ブリサイズの青物が来たら・・・ガチ巻きで獲るのは難しいかもしれません。

真鯛狙い、水深50前後、錘100g程度で使うのに適したリールだと思います。
ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


ツイッターアカウント:HANZO_SUN

当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した狩り日記
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ