釣人 ハンゾウくん

地元三重県でのオフショアがメインの釣行記です

2019/02/16 釣行(船)

寒い季節は早起きしたくない半蔵です。
そんな季節なので釣りには行っていませんでしたが、いつもの友達Wキーからお誘いを頂いたので久々に海へ繰り出してみました。
DSC_0072
この時期にしては珍しい程にベタ凪。

最初のポイント選びに迷うのですが・・・
正月にヒラメが釣れた80mのポイントで釣り開始してみました。

最初のポイントでは体力のある状態なので、中古で買ったグラップラーS604を使ってジギングしてみます!

ジグはロングの200g
一投目で・・・ヒット!!
幸先いいぜぇ~w
と思ってたら、バレた(;´Д`)

ロングのハイピッチで釣れる事が分かったので、その後もしばらくシャクる。
すると・・・またヒット!!
今度は引きも無く、重みも無く、スルスルと上がってくる・・・
DSC_0071
小さなエソ~
外道でもとりあえず釣れたので良かったw

-----グラップラーS604インプレーーーーー
グラップラーS604にロングジグ200gをつけてシャクってみましたが、竿が硬いので問題無く跳ね上げます。
それどころか潮流が無ければ、跳ね上げ過ぎてスカを喰らうことも。
適合ジグMAX200gですが、潮がスカスカ状態だと250gくらいまでだったら使えそうなロッドですね。

200gをハイピッチでシャクルので疲れる事は疲れますが、扱い易いロッドだと感じました。
低価格ロッドですが満足する一本です。
-----グラップラーS604インプレーーーーー

しばらくジギングを続けましたが、以降アタリは無く体力を消耗したので、活餌仕掛けに変えてのんびりアタリを待ちます。
ゆっくり流れる船は第2のポイントへ移動して行くので、そのまま流れに任せます。

Wキーに何度かアタリがあり、巻き上げると全部エソ。
オレの竿はピクリともせず・・・アタリは無し。

この状態が続いたまま第2のポイントへ到着。
しかし、釣果が無いのでポイント移動を繰り返すが、
アタリがあるのはWキーだけ。そしてエソ。
オレは相変わらずエソも釣れないし、アタリも無い状態・・・

相性の良いポイントへ移動したら、またWキーにアタリ。
Wキー「またエソかな~?」
なんて言いながら見えてきた姿は・・・エソっぽい?
お?違うね!
ワニゴチでした!
やっとオカズGETw

続いてまたWキーにヒット!!
Wキー「あんまり引かんね~」
なんて言いながら見えてきた姿は・・・またエソっぽい?
ん?違うね!
ヒラメでした!
ここに来て絶好調のWキーです。

一方の私はと言うと・・・アタリ無しであります。
何が違うというのか?

ワニゴチ、ヒラメは水深30mで釣れたので、その後は比較的浅いポイントを広範囲に攻めましたが・・・釣果に結びつかず。

昼からは風も出てきて釣り難いですが、まだ餌のアジは残っているので、ここで最後の勝負に出ます!
今まで攻めた事がないポイントへGO!
普段は他の船も居ないし、釣れるイメージが無いポイントですが、数年前に渡船屋さんから「ヒラメが釣れた」と聞いた事があるので賭けに出ましたw

そのポイントへ着く頃には爆風でウサギが飛びまくりw
仕掛けも斜めに入り、ぶっ飛びます。
爆風でアタリが分かり難い中、一投目でやっとオレにヒット!!
重量感は感じられるけど・・・あまり引かないし、風に押されて引き重りも加わり、途中何度も「本当に釣れてるのかな?」と感じながらも巻き巻き・・・

ん?なんだ?茶色いな・・・エソか??
小波で水面が見え難く、正体が分からない・・・
水面まで上げると・・・!!
DSC_0075
ヒラメだぁーーー!!
やったぁ~w

これに続けと仕掛けを落とすと・・・直ぐにアタリが出るんですよw
このポイントは熱いかもしれない!

アタリはあるけど爆風で釣り難く、フッキング出来ないままアジが無くなり納竿しました。

この日の釣果は
dress_16022019_142229
Wキー:ワニゴチ、ヒラメ
オレ:ヒラメ

とにかく釣れて良かった~w

グラップラー S604

釣り友達と雑談していると
釣友「青物を釣ってるのは、ほとんどロングジグやなぁ~」
オレ「ロングジグでハイピッチやろ? しんどいなぁ~」
なんて言いながら、ハイピッチに興味が出てきたのでお試し用に中古でジギング用のロッドを買いました。
DSC_0073
シマノ グラップラー S604

長さ:183cm
適合ジグ:90-200g
適合ライン:PE4まで
継数:1本 

このグラップラーは型落ちです。
今は新作グラップラーロッドが出てます。
シマノ公式:http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5593

200gまで背負えるハイピッチ用ロッドなので
DSC_0074
写真のジグは200gですが、ティップがゴツくてガチガチなので、200gをぶら下げてもほとんど曲がりません。

現行グラップラーロッドは2ピース(継数2本)になっていますが、個人的には1ピースの方が好きなので、型落ち版の方が好みですね。

このロッドで釣りしてきたので、次回は釣行日記と共に使用感も書きます。

DF100のオイルフィルターレンチ

スズキ DF100についているオイルフィルターエレメントは16510-61A31です。
このオイルエレメントの取り付け&取り外しを行うには、専用の工具を使う事が多いです。
なぜ専用工具なのかというと、形が特殊なんですよね。

エレメントのサイズを問わず使える便利な工具もあります。
516ada13f9L._SL1000_
トップ(TOP) フィルターチェーンレンチ 150mm TW-150
ただこのタイプはエレメント周りに何も無い事が条件になります。
エレメント周りに配線や凹凸があると、それらが邪魔になって上手に回せず滑る事があります。

こういう工具が無い場合は、エレメントにドライバーを突き刺します。
名称未設定-1
ハンマーを使って図のようにドライバー(赤色)を貫通させれば、後は回すだけです。
ただこの方法も、回す為のスペースが必要になります。
あと、この方法だと突き破った穴からオイルが漏れますので注意です。

単車や車のエレメント交換時にはこの方法で取り外した事はあります。

上記の工具や方法は便利ですが・・・
出来れば正面から(スマートに)取り外したいので、このフィルターに合うレンチを買いました。
DSC_00641
このエレメントのサイズ情報がネットになかったので、手元に届いてから14角の平面部分を計ると66mmだったので、内寸66.5mmのKTCのカップ型オイルフィルターレンチ AVSA-067を注文しました。

さぁ~適合するかな?
DSC_0065

DSC_0066
若干のガタ付きはありますが、問題無いと思います。

次回のエンジンメンテ時にはこれを使ってエレメント交換しようと思います。

カワハギの骨せんべい

どーでも良い記事内容なので、先に謝っておきます・・・スイマセン

先日ビールの肴に「皮はぎの骨せんべい」を食べていたんですね。
DSC_0068
食べながらふと(この骨せんべい・・・めっちゃ小さいやん!? ほんまにカワハギなんか?)と思った訳です。

裏面を見ると
DSC_0069
皮ハギ(中国産)とあります。
・・・表記通りだとすれば本物のカワハギなんでしょうね。

しっかし小さ過ぎるよ。
味は美味しいですが、パリパリ具合が微妙で、結構硬い骨が多かったです。

流石にここまで小さいと・・・ねぇ~
美味しい魚だし釣り人の心情としては、稚魚はリリースして大きくなってから捕獲して欲しいですね。

そーいや最近カワハギ狙ってないなぁ~

エンジンメンテナンス

上架してメンテナンスしてから早一年経過。
船底はまだ綺麗なので、今回は係留したままエンジンのメンテナンスをしてみました。

まずはエンジンオイルを抜きます。
DSC_0051
フラッシングが面倒で、暖機無しでオイルを抜く・・・
ものすっごく吸引が遅いですorz

オススメは5分程暖機して、エンジンオイルを柔らかくしてから抜けば早く吸引出来ます。

エンジンオイルを抜くのに1時間掛かりました。

さー次はチルトアップしてからサイドカバーを外します。

サイドカバーを外さないとアノードやオイルエレメントを交換出来ません。
ちなみにこのサイドカバーを外すには、長細いM8ボックスが必要になります。
そこで便利な工具を買いました。
610zbJOGOnL._SL1500_
E-Value T型ナットドライバー 8mm

このドライバーでボルトを海へ落とさないように慎重に外していきます。
DSC_0052
赤○部分がオイルフィルターエレメント(16510-61A31)です。
エレメントも変えようと思って用意していた物が・・・合わない!?
品番を間違えて注文していたようで、全然違うものを用意してしまいましたorz
エレメントは次回メンテ時に変える事にします。

次は反対側のサイドカバーを外します。
アノードが付いている側のカバーはボルト2本で留まっているので、反対側のカバーを外したからといって、即外れる(海へ落ちる)事はないので安心です。

先にアノードを外してと・・・
あーーー!!
一個海へ落としましたorz

予備で新品を用意していたので事無きを得ましたが・・・注意していてもやらかしてしましますね。
DSC_0053
前回の上架時にもレギュレーターを外して塩を落としたが、今回はあまり塩が付いてないですね!
フラッシング効果なのかな?

出来る限りブラッシングして塩を落とします。
頑固な塩はドライバーでゴリゴリ削り落とします!

綺麗になったら
DSC_0054
組み上げてメンテ終了!!
サイドカバーも慎重に組み付けて元通り!!

最後にグリスアップして完成です!

フラッシングが面倒なので、エンジン始動テストはしていません・・・
次回釣行時にテスト予定です。
ブログ記事検索
プロフ
釣人 ハンゾウくん


ツイッターアカウント:HANZO_SUN

当ブログに訪問して頂き有難う御座います。
釣人 ハンゾウくんの管理人の半蔵です。
三重県在住の週末アングラーです。

ブログの主な内容はオフショア釣行時の内容なので、釣りに行けない時はブログ記事が書けませんorz

のんびりとした更新頻度になると思います。
どーぞ、生温かい目で見てやって下さいm(_ _)m

その他の管理人運営ブログ
半蔵ぶろぐ
凄く風化した狩り日記
オリジナルT-シャツ

にほんブログ村 釣りブログへ 

釣り人LINEスタンプ
釣り人専用ショアスタンプ

釣り人専用オフショアスタンプ

釣り人の為の専用スタンプ01

釣り人の為の専用スタンプ02

リールのメンテ&修理はここがオススメ↓

お気に入りブログ
コメント
注目ロッド
人気リール
ボート用品
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ